システム構成


AI対話型配車センター動態管理システム(特許申請済)

AI機能を使って、オートメーションでスピーディーに配車を実現します。 顧客データベースを構築し、乗車希望位置に応じた待機エリア、優先順位、距離を瞬時に考慮して配車し、優良顧客の囲い込みを支援します。

顧客ランク付けも可能なので、優先配車すべき顧客を瞬時で判断できます。

また、理論上、一人の配車係で1分間に最大3件の配車が可能なので、配車係のコスト削減にも寄与します。

更には、顧客の乗車希望のエリアに向かっている実車を配車予約することも可能で、40台で50台の実車回数を実現するのに一役買う仕組みです。

インターネットにつながるPC環境があれば、すぐにでも始められます。

乗務員向け地図ナビ(特許申請済)

配車センターからの迎車指示、顧客アプリからの迎車依頼を受ける乗務員側の仕組みです。

迎車場所を地図上で表示し、その方向も矢印→で示してくれるので、迎車場所の方向のイメージがしやすくなります。年配者でも未経験者でもすぐに分かる操作性です。

通常は、地図として利用し、場所検索も容易です。

行き方が分からない場合、ナビシステムとしても利用可能です。Googleベース、ゼンリンナビベースの2種類あります。

更に、売上拡大維持理論に基づき、ベテラン乗務員が助手席でアドバイスしてくれるかのように、需要案内(需要予測)をしてくれます。今どこのエリアに向かうべきかのアドバイスです。

受け身の営業から攻めの営業への変革を支援します。

Android対応スマートフォン、タブレットがあればすぐに始めれます。

操作事例

「乗客アプリから、直接タクシーに迎車依頼する」
の事例を
下記の動画サイトでご紹介します。

乗客アプリ

配車センターを通さずに、直接乗務員に迎車依頼。通話のわずらわしさがありません。

空車のタクシーがいるいないがすぐわかり、配車依頼がスムーズにできます。

戦国状態にある配車アプリと違い、タクシー会社が許可した特定の顧客しか利用できせん。

このアプリにうまく既存顧客を誘導することで、優良顧客の囲い込み、配車センターの負荷を大幅に削減することが可能です。

「原則、1都市1社のみ」

のサービス提供 (期限付き)

システム導入をご希望されるタクシー事業者様全てに、このシステムを提供する訳ではありません。

タクシー・サービスに誇りを持ち、お客様視点の経営を目指している経営者様に、是非とも導入して頂きたい。

良いマインド持ったタクシー会社に、乗務員やお客様が集まり、地域のタクシー会社の模範となれば良いと思います。
それを、AI配車システム「ポケットタクシー2」で支援します。

ご利用対象のタクシー会社様

保有タクシー車輌数が、40台から150台程で、且つ、乗務員の固定給制度の採用を前向きに検討される経営者が率いるタクシー会社様。
少ない車両数では、組織営業の成果を出しにくいため、最小車両数を設けています。

一元客より、元々のお得意様の対応を維持しつつ、利用拡大をされたいタクシー会社様。
事業拡大の意味で、配車センター代行をお考えのタクシー会社様。

ご利用をご検討ください。

*記載されている各製品名称等は各社の商標あるいは登録商標です。