ポケットタクシー2が

解決したい

タクシー業界

の問題点とは

タクシー乗務員の不足

今、タクシー会社の一番の悩みは、乗務員不足ではないでしょうか。

子供を育てていかないといけない人が、初めてタクシー乗務員をする場合、売上が上がってくるまでに時間のかかるので完全歩合制の給料システムのタクシー会社には就職するのは極めて難しいのが現実。

給料を増やしたければ売上を上げて来いというタクシーの常識はもう通用しない時代。

まじめに社内規定を守ってやれば、必然的に売上の上がる仕組みの導入が必要では?

タクシー乗務員の高齢化

基本的に誰でもなれるタクシー乗務員。リストラで解雇されたからタクシー乗務員でもやるか。早期退職、定年退職したからタクシー乗務員でもやるかと社会的に×がついた人たちの多くがタクシー乗務員になってるケースが多いのではなかろうか。

高齢者ドライバーの事故も多く報告されている。若い人のなり手が少ないので、お客をお客とも思わないひどい乗務員、不注意な危ない乗務員を切れないタクシー会社が多いのではないだろうか。

顧客思考の乗務員が定着するような仕組みの導入が必要なのでは?

タクシー業界に新常識を作る

新人乗務員でもすぐに結果が出せる仕組みの導入が問題解決の一手に

開発者自ら通算5年以上、流し営業の東京でのタクシー乗務、待機車輌配車の千葉県のタクシー乗務でトップクラスの営業成績を上げた、考え方、仕組みをシステム化しました。

タクシー業界の非常識である固定給制を実現支援するノウハウをシステム化した地方のタクシー営業支援システムです。

ポケットタクシー2地方版では、乗務員向け需要予測地図ナビとAI対話型配車センターシステム、特定顧客向け自社専用配車アプリを提供します。

需要予測地図ナビとは、通話ので配車依頼、アプリの配車依頼、更に、偶然移動中に乗せた実車を統計的に予測するシステムで、地図ナビが曜日、時間帯に応じて攻めるエリアを案内します。(特許申請済み)

顧客斡旋配車アプリの実車実績も取り込めます。併用しているタクシー会社もあります。また共存できる顧客斡旋配車アプリもあります。

タクシー業界の売上は下がっても、自分たちの売上は下がらない、増やせる!生き残りを支援する仕組みの提供です。

顧客斡旋配車アプリで問題解決か?

(一元顧客斡旋アプリと共存する場合も)

売上を、顧客斡旋アプリで新規客を増やして維持拡大するか、既存客の実車回数を増やして拡大維持するか。賢いタクシー経営者は両方を使い分けれ、効果を出しています。

顧客斡旋アプリの4社でタクシー会社を取り合ってる。無線局を持ってない、特定の既存客を持ってないタクシー会社にとっては、とてもいいサービスです。元々、このサービスの発想はタクシー会社組織を持たない、ライドシェアサービス用の発想の上に開発された仕組みです。

特定の既存客を持ったタクシー会社がこのサービスに乗ることにより、自社の優良顧客が流出するおそれや、後日手数料が値上げされるおそれは否定できません。 

何故ならば、顧客斡旋アプリ提供者はボランティアではなく収益を求める企業です。多額の資金を投資して乗客集めを行っており、その投資を回収するために手数料を値上げするのは合理的な選択です。

このような値上げがなされると参加タクシー会社の収益の圧迫につながり、場合によっては、参加タクシー会社が顧客斡旋アプリサービス提供者の下請けや傘下に入らざるを得なくなるという事態も想定されます。 

行きはよいよい、帰りは怖いとならないことを願ってます。